テーマ:シェイクスピア

ナショナル・シアター・ライヴ「リア王」(イアン・マケラン)

 いつも行く映画館だと夜8時からの上映で終わるのが12時近く。それで昼間の上映がある渋谷ところへ行きました。それでも2時半頃からで終わった時には6時を過ぎていました。  ナショナル・シアター・ライヴの「リア王」は前にサイモン・ラッセル・ビール主演のを観たことがありますが、今回はイアン・マケランのリア王。いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナル・シアター・ライヴ「マクベス」

 上映開始時間の18時05分から"マナーのご注意映像"があって、すぐに「ナショナル・シアター・ライヴ『マクベス』」のタイトル画面が出た。本編が始まる前に、演出家(ルーファス・ノリス)とデザイナーとアドバイザー(戦場カメラマン)による解説。マクベスは11世紀のスコットランドに実在した人物で、この人物の伝説をシェイクスピアが自作の物語にアレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸糸あやつり人形 結城座「夏の夜の夢」@イワト劇場

 イワト劇場は初めてです。天の岩戸にちなんでいるのかと思ったら、所在地の町名が岩戸町でした。飯田橋から大久保通りを神楽坂方面に向かっていくのですが、一回目は通り過ぎてしまい、町名が変わっているのに気づいて、どうやら行き過ぎたらしいと引き返し、歩道に人が集まっている建物をようやくのことに見つけたのでした。  人形芝居の舞台には、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヴェニスの商人」@劇団四季自由劇場

 最近はそうでもありませんが、かつて「ヴェニスの商人」は喜劇に分類されていたように記憶しています。アントーニオとバッサーニオの友情があり、バッサーニオとポーシャの恋物語があり、無理難題を言ってくるシャイロックをコテンパンにやっつける話だと考えれば、まあ喜劇なのかもしれません。しかし、バッサーニオとポーシャの恋物語はともかく、アントーニオ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more