英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン ロイヤル・バレエ「ドン・キホーテ」

 TOHOシネマズ日比谷でロイヤル・バレエ「ドン・キホーテ」を観た。原作は同じセルバンテス作「ドン・キホーテ」ではあるけれども、長大な小説の全く別のエピソードが選ばれている。キハーノ、ドン・キホーテ、サンチョ・パンザ(英語ではパンザと発音するようだ)、ドルシネア姫は出てくるけれども、アルドンザは登場しない。  屋敷の寝室でアロンソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝劇「レ・ミゼラブル」

吉原光夫 ジャン・バルジャン 川口竜也 ジャベール  二宮愛  ファンテーヌ 屋比久知奈 エポニーヌ 熊谷彩春 コゼット 三浦宏規 マリウス 駒田一 テナルディエ 鈴木ほのか マダム・テナルディエ 相葉裕樹 アンジョルラス  ステージに近い席で、ひとりひとりの表情までよく見えた。 ジャン・バルジャンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レ・ミゼラブル」帝国劇場

平成One Day Moreの日に、平成最後の観劇。 ジャン・バルジャン:福井晶一 ジャベール:上原理生 ファンテーヌ:濱田めぐみ エポニーヌ:昆夏美 コゼット:生田絵梨花 マリウス:内藤大希 テナルディエ:駒田一 マダム・テナルディエ:朴璐美 アンジョルラス:相葉裕樹  初出演・初役の濱田めぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治座「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」

 少年画報社の週刊誌「少年キング」に「銀河鉄道999」の連載が始まったのは1977年の初めだった。松本零士は、そこそこ活躍している漫画家ではあったけれども、彼の地位を確立させたのは、この作品だったと思う。  テレビアニメーション版は翌年くらいから、その後で映画版も作られた。ゴダイゴの主題歌は映画のためのもので明朗に歌われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「笑う男」(日生劇場)

 映画「女王陛下のお気に入り」と同じアン女王がイギリス王だった時代の物語。  ヴィクトル・ユゴーが「レ・ミゼラブル」の後に書いた小説が原作で、作者自身は自分の最高傑作と語っていたというけれども、日本語訳は百年近く前に出たのが最後。それはkindleにあることはあるものの、大正時代の書籍を画像として取り込んだものなので、とても読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナル・シアター・ライヴ「リア王」(イアン・マケラン)

 いつも行く映画館だと夜8時からの上映で終わるのが12時近く。それで昼間の上映がある渋谷ところへ行きました。それでも2時半頃からで終わった時には6時を過ぎていました。  ナショナル・シアター・ライヴの「リア王」は前にサイモン・ラッセル・ビール主演のを観たことがありますが、今回はイアン・マケランのリア王。いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽劇「ライムライト」シアタークリエ

 映画はだいぶ前に一度観たことがあるけれども、覚えているのは大筋だけで、細かいところは記憶にない。舞台版は映画そのままではなく、加えられた要素、削ぎ落された要素があるだろうと思う。チャップリンがシナリオには書いたが、最終的に編集でカットした要素もあるのかもしれない。  最初に設定された時代が1914年と示される。チャップリンがアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダンボ」(実写版)

 入ったのが字幕版だったせいか、子供の観客は目立たなかった。吹替版だと様子が違っていただろう。昔のアニメーション映画版は観たことはあるけれども、あまり覚えていない。それはともかく、なぜかつてのアニメーション映画の実写でのリメイクを続けているのか。「シンデレラ」「美女と野獣」があり、「アラジン」「ライオンキング」が続く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「翔んで埼玉」

 立川で観ていたせいか、序盤の“田無を八王子”の反応が大きかった。埼玉というより、東京都とそれ以外の関東6県の上下関係を設定して、戯画的に描いている。埼玉と千葉の対立抗争に重心が置かれているが、神奈川県も栃木県も群馬県も、そして東京都もリアルではない。  ラジオから聞こえてくる"都市伝説"の時代はいつごろに設定されているのだろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

 本編が始まる前にPARCOのロゴマークが表示されたけれども、配給とは関係なさそうだ。舞台劇「メアリー・スチュアート」の日本上演はパルコ劇場だったから…ということもないと思う。  違うアプローチではあるけれども、この映画もスコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベス1世の物語。原題は“Mary, the…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「バンブルビー」

 これも予備知識無しで観た。まず「トランスフォーマー」を観たことがない。どうやら、その前のできごとになっているらしい。宇宙のどこかで戦いから離脱したトランスフォーマー(この場合、変形可能な戦闘マシン?)が地球へとやってくる、それを敵の数体が追ってくるというところから始まる。戦闘マシン?と書いたが、バルタン星人のように中に操縦者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スパイダーマン:スパイダー・バース」

 いろいろ知らずに観に行った。さすがにスパイダーマンは知っている。コミックも古いアニメ映画も実写映画も観たことがある。観る機会はなかったが、ミュージカル「スパイダーマン」も存在は知っている。  この映画で事前に知らなかったのは①アニメーション映画であること②アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞作であること③バースがbirth(誕生)ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「グリーンブック」

 人種の違う雇い主と運転手という設定から「ドライビング・ミス・デイジー」を考えていたが、雇い主も運転手のキャラクターが違い、また人種の違いとは別の差異が2人にも周りの人々にもあった。冒頭に実話に着想を得たとあった。(based on ではなくinspired fromとあったので、事実に基づくではない)  実在したドクター・ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアタークリエ「十二番目の天使」

 原作は読んだことがないだけでなく、存在すら知らなかった。事前に資料も何も見ていないので、どんな物語なのかは全くの白紙状態だった。  入口ロビーに野球用語の解説と野球場の図が掲示されていて、どういう状況での物語なのかはある程度は想像できた。タイトルは野球チームの名前がエンジェルスというところに由来することが始まってすぐにわかったが、別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キャプテン・マーベル」

 ずっと前に原作のコミックを読んだ覚えがある。読んだ覚えはあるけれども、内容は覚えていない。確か主人公は男性だったはず。  この映画はマーベル・コミックスの一連の映画化の一環なのか、新生(といっても十年以上前)キャプテン・マーベルの誕生物語になっている。  記憶を失っていた主人公(女性)は宇宙のどこかで、戦いのために強大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナルシアター・ライヴ「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」

 ナショナルシアターライヴ「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」休憩中。有楽町か川崎かちょっと考えたが、ポイントがつく川崎に来た。周囲に外国人のグループがいるのだが、引率者らしい大人の男性がひとりいるのはいいとして、引率されているのはどうも十代前半の子供たち。いくつかのセリフには、かなりショックを受けたような反応をしていた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「女王陛下のお気に入り」

 女王役のオリヴィア・コールマンがアカデミー賞主演女優賞を受けたのと、ちょうどいい時間に始まるのと、公開2週間で1日当たりの上映回数が少ない(打ち切り間近?)のとで、この映画を選択。  ちなみに一番人気は「翔んで埼玉」で、昼ごろチケット状況を見た時にはすでに夕方の回まで売り切れだった。  イギリスの話だろうとは思っていたけれども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

 「ボヘミアン・ラプソディ」を立川シネマシティの極上音響上映で。  クイーンのフレディ・マーキュリーの伝記映画とも見えるが、どのあたりまで事実に基づいているかはわからない。おそらく、もっと多くの人物が関わっていたのだろうと思う。たとえば、フレディの足を引っ張るような行いをした人物が出てくるが、ああいう害をなした人物は他にもいたに違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「王様と私」ロンドン・パラディアム公演 映像収録版

 初日の1回目に観に行きました。15分のインターヴァル(休憩というより、気持の切り替えに必要な時間)もちゃんと取ってあったのはよかった。土曜の夜の部と日曜の2回はまだ席が残っていましたが、それよりもうちょっと上映期間を延ばしてもらいたいところです。ただ、映像収録だと観たいところを撮っているとは限らない。それと観客が映画を観に来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「七つの会議」

 19日は109シネマズのサービス日で、ポイントを貯めに行きました。どうしてもこれが観たいという強く思うものがなく、上映開始時間がちょうどよかったのを選びました。  詳細は忘れましたが、原作は読んでいます。企業で行われている不正の内部告発が主筋で、そういえば池井戸潤の小説によくあるテーマだったのを観ているうちに思い出してきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more