テーマ:帝国劇場

「二都物語」@帝国劇場

 チャールズ・ディケンズの小説をミュージカル化した舞台です。ディケンズの作品は「オリバー!」「クリスマス・キャロル」「エドウィン・ドルードの謎」などブロードウェイの舞台にかかっているものが多く、「二都物語」はブロードウェイでは初めてですが、宝塚で上演されたことがあり、他にもいくつかの作品がミュージカル化、舞台化されています。ディケンズだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」@帝国劇場

 元はロマン・ポランスキー監督の映画「吸血鬼」で、それをウィーンでミヒャエル・クンツェの作詞と脚本、ジム・スタインマンの作曲によりミュージカル化されたものです。ウィーンのオリジナル版はロマン・ポランスキー自身が演出したということですが、日本では独自の演出です。タイトルはカタカナ書きで「ダンス・オブ・ヴァンパイア」ですが、アルファベットで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニューヨークに行きたい!!」@帝国劇場

 ドイツ語版のCDを持っていて、何度か聴いていました。原題は"Ich war noch niemals in New York"、直訳すると"私はただの一度もニューヨークへ行ったことがない"。ところどころに知っている単語やフレーズが出てくることはありますが、ほとんど意味はわかりません。ウド・ユルゲンスというドイツ語圏の大ヒットメーカーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more