「ジャンヌ~ノーベル賞作家が暴く、聖女ジャンヌ・ダルクの真実」@世田谷パブリックシアター

 ジャンヌ・ダルクを描いた演劇というと、まずフランス人ジャン・アヌイによる「ひばり」を思い出します。映画もいくつか観たことがあります。日本人の佐藤賢一が書いた「傭兵ピエール」という小説もありました。アメリカ人マーク・トウェインの小説もありました。この「ジャンヌ」はイギリス人バーナード・ショーによるものです。

 かなり昔に読んだ、たぶんイギリス人が作ったフランス人ジョークが記憶に残っています。「イギリス人は何を考えてるんだろうねぇ。トラファルガーだのワーテルローだの、なんだって街中に負け戦の名前をつけるのだろう」。ジャンヌ・ダルクはフランス人でイギリス人を追い払う戦いの最前線に立った、フランスの国民的ヒロインだと思っていたので、イギリス人のノーベル賞作家バーナード・ショーが"暴く"のならば、彼女の負の面と勝手に予想していました。

 予想ははずれでした。バーナード・ショーの辛辣さはジャンヌではなくイギリス人に向けられていたのです。この戯曲は1920年にジャンヌ・ダルクが聖人に叙せられたのを受けて書かれたもので、現代人であるバーナード・ショーがジャンヌを基軸にして、中世の宗教と世俗、封建領主と国王との、対立と共存という入り組んだ関係を読み解いたといった感じでしょうか。 戦争をしているのはイギリスとフランスですが、フランスには国王がおらず、国土はあっても、そこを統治する国家としての機能はなく、代わりに封建領主や教会が秩序を守っています。この時点ではまだ共存共栄が成り立っていますが、中世的秩序のバランスは崩れつつあります。
 イギリス人の封建領主であるウォリック伯爵がプロテスタンティズムという言葉を使っていました。ルターやカルヴァンの宗教改革は16世紀のできごとですが、ウォリックはジャンヌが生まれた1頃、15世紀のはじめに処刑された生まれるのが早過ぎた宗教改革者ヤン・フスのことを言っていたようです。中世の道徳や秩序が崩れていく過程を描くことは、第一次大戦後の世界がたどる変化と重ね合わせられていて、それは21世紀のいまともつながるものと考えられます。

 全体を通して、情よりも理によって語られる物語という印象でした。キャストはジャンヌ(笹本玲奈)以外はすべて男性で、彼らの言葉は貴族や軍人など世俗の者たちのものも聖職者たちのものも、すべて中世の道徳や論理で成り立っています。ジャンヌに対して好意的でも、敵意をもっていても、そこは同じです。対するジャンヌの論理には、馬の鎧は無意味と指摘するなど現代的な合理性があります。同時に救世主の言葉のようでもあります。中世の論理に従えば、20世紀の論理も救世主の言葉も異端ということになり、彼女は火あぶりにされます。火あぶりは中世の論理では刑罰ではなく異端からの救済です。

 理によって語られる物語の基盤となるのは情です。ところどころにバーナード・ショーのジャンヌに対する情が見られます。ひとつは処刑の場面で終わらずに、20世紀の論理で男たちへの糾弾がなされること。もうひとつはジャンヌが聞いた「神の声」が本物であったと思わせるセリフが用意されていることです。 「神の声を聞いた」のは狂気とも取れますが、というよりたいていの場合はそちらですが、ショーはジャンヌを狂気ではなく、きわめて明晰な知性に基づいて行動する人物として描いています。

 一幕のジャンヌは神の声に従う少女で、揺るがない信念をもって一直線に突き進みます。2幕前半で王の戴冠式(王がまとっていたマントは「ミー・アンド・マイ・ガール」のビルと同じアーミンの毛皮)が終わると、人に裏切られて窮地に落ち、神にも裏切られたと思っているのでしょう、表情に悲哀が浮き出てきます。彼女の処刑は救世主と同じく、他の人たちの罪を引き受けたものと思います。現場に立ち会った人たちの証言はそういうことでしょう。処刑の後にある後半以降は、また別の顔を見せます。

 全編が終わった時には10時を過ぎていました。興奮というのとは違いますが、脳の熱が高まったようで、この日はなかなか眠れませんでした。プログラムにもありましたが「考える芝居」でした。


バーナード・ショー名作集
白水社
バーナード ショー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バーナード・ショー名作集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ジャンヌ・ダルク (中公文庫)
中央公論社
ジュール ミシュレ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャンヌ・ダルク (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



戦士ジャンヌ・ダルクの炎上と復活
白水社
竹下 節子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦士ジャンヌ・ダルクの炎上と復活 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ジャンヌ・ダルク [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2002-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャンヌ・ダルク [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



裁かるゝジャンヌ クリティカル・エディション [DVD]
紀伊國屋書店
2005-08-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裁かるゝジャンヌ クリティカル・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク
角川書店
マーク・トウェイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



傭兵ピエール(上) (集英社文庫)
集英社
佐藤 賢一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 傭兵ピエール(上) (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック