観劇記と読書記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鉄道復権」著:宇都宮浄人(新潮社)

<<   作成日時 : 2012/05/06 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

.http://www.shinchosha.co.jp/book/603701/
欧米の都市が路面電車や高速鉄道の導入で、沈滞していた都市が復活した例、都市のあり方を大きく変えようとしている例が紹介され、なぜそういうことが起こるのかが分析されています。

アメリカやヨーロッパの中規模都市で、新しいタイプの路面電車が増えています。高速鉄道の建設により中距離の移動手段として鉄道が見直されています。日本では採算割れのために廃止される鉄道路線が多いのに、その違いはどこにあるのでしょうか。

ニューヨークの地下鉄は隣の駅まででも、いちばん遠い駅まででも料金は同じです。空港からダウンタウンまで電車が走るようになって変わったかもしれませんが、シアトルでは昼間のダウンタウン内はバス料金が無料でした。日本でいう"採算"で考えたら、儲けが出るはずがありません。

儲けは出なくても、鉄道には大きなメリットがあります。
ひとつは社会政策的なメリット。自動車に合わせた都市は、自動車のなくて動けない、少なくとも動きにくい交通弱者を作ってしまいます。動けない人が増えると、人体で毛細血管が詰まったように全体の動きが悪くなる。商店街がシャッター通りになるのは、その一例です。運賃を無料にしたり低額に抑えたりするのは、交通弱者を作らないために必要なコストであるという考え方が確立しているからでしょう。デパートのエレベーターで運賃を取られることがないのと同じことです。無論そのために税金が使われることになりますが、例えば東京で23区内の電車をすべて無料にしたら、そのために増える税金の額と、日々支払っている電車賃とどちらが多くなるか。
もうひとつは環境政策的なメリット。鉄道を使う人が増えれば自動車が減り、内燃機関が作りだすCO2を減らすことにつながります。日本では自動車を優先する傾向にありますが、欧米の路面電車を導入した都市の中には、都市部からの自動車の締め出しを謳っているところもあるそうです。

本の中では、そうした経済面から観たメリットが紹介されていましたが、それとは別のメリットをひとつ。以前、プラハ旅行中に劇場からホテルへ帰るのに暗い夜道を歩く途中、吹雪に遭いました。大した距離ではなく、大した吹雪でもなかったのですが、その時、安心して歩けたのはホテルの前まで路面電車の線路があったからでした。都内でも道に迷った時に、電車に乗るわけではないのに線路は頼りになります。バス路線ではそうはいきません。道路もどこかにつながっていますが、道は迷うことがある。でも線路は方向を間違えることはあっても、迷うことはありません。
東北で津波のために分断された鉄道の復旧を求めているのは、単に交通手段の復旧ではなく、線路があることの安心感を求めているという面もあるのではないかと思っています。


宇都宮浄人『鉄道復権―自動車社会からの「大逆流」―』|新潮社
www.shinchosha.co.jp
この10年、「鉄道」が世界中で大躍進を遂げている。自動車に交通シェアを奪われてきた斜陽産業が、なぜ復権したのか? 欧州発のグローバルな大転換を、ビジネス・環境・高齢化・地域再生の側面から徹底分析。次々とローカル鉄道を廃止し、ジリ貧に陥っている日本社会に警鐘を鳴らす。脱・自動車社会を予見する交通経済学。



.
鉄道復権: 自動車社会からの「大逆流」 (新潮選書)
新潮社
宇都宮 浄人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鉄道復権: 自動車社会からの「大逆流」 (新潮選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



路面電車ルネッサンス (新潮新書)
新潮社
宇都宮 浄人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 路面電車ルネッサンス (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



LRT−次世代型路面電車とまちづくり− (交通ブックス)
成山堂書店
宇都宮 浄人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LRT−次世代型路面電車とまちづくり− (交通ブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「鉄道復権」著:宇都宮浄人(新潮社) 観劇記と読書記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる