テーマ:手塚治虫

「陽だまりの樹」@サンシャイン劇場

 「陽だまりの樹」は手塚治虫が自身の曽祖父・手塚良庵(のちに良仙)を主人公に描いた幕末の物語です。手塚家は蘭方医の家系で、良庵の父は種痘所の開設に尽力した人物で、良庵も緒方洪庵のもとで西洋医学を学んでいます。この手塚親子は医師としては情熱も実力もありましたが、その一方でめっぽう遊び好き女好きで、その方面での武勇談失敗談も枚挙にいとまあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more