テーマ:ディズニー

映画「ダンボ」(実写版)

 入ったのが字幕版だったせいか、子供の観客は目立たなかった。吹替版だと様子が違っていただろう。昔のアニメーション映画版は観たことはあるけれども、あまり覚えていない。それはともかく、なぜかつてのアニメーション映画の実写でのリメイクを続けているのか。「シンデレラ」「美女と野獣」があり、「アラジン」「ライオンキング」が続く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「キャプテン・マーベル」

 ずっと前に原作のコミックを読んだ覚えがある。読んだ覚えはあるけれども、内容は覚えていない。確か主人公は男性だったはず。  この映画はマーベル・コミックスの一連の映画化の一環なのか、新生(といっても十年以上前)キャプテン・マーベルの誕生物語になっている。  記憶を失っていた主人公(女性)は宇宙のどこかで、戦いのために強大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」(吹替版)

 原語版の後、少し間を空けてから観るつもりだったけれども、観てからでないと届いたCDを聴けないので、日曜日の昼に観に行きました。金曜の午後の原語版と違い、子供たちがたくさん来ていました。  平原綾香は、去年の夏にテレビの歌番組で「メリー・ポピンズ」メドレーをやっていた時に、舞台とは違う歌詞なのに全く違和感がなく、ひとり飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」

 音響のいい映画館での鑑賞。会員なので1日でなくても料金は1000円なのだが、早く観たかった。いくつかの予告に続いて本編の序曲が始まると音響が一変した。  序曲ほか演奏だけの曲は前作の曲を、リチャード・シャーマンの監修のもとでアレンジしていて、聞き覚えのあるフレーズが何度も出てくる。  歌のある新曲は「ヘアスプレー」のマーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画版「イントゥ・ザ・ウッズ」

 始まって10分くらいしたあたりで、就学前の子とその親らしい2人が出ていって、そのまま戻ってきませんでした。シンデレラや赤ずきんが出てくるディズニー映画を観にきたのに、期待していたのとは違っていたのでしょう。中にはそれでも気に入る子もいるかもしれないですが、そう思わなくてもしかたがありません。  公式サイトのトップページに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more