テーマ:帝劇

「細雪」@帝国劇場

 観に行く前に、かなり前に一度読んだきりの原作を図書館で借りてきました。上中下3巻が一冊にまとまっていて、二段組みの500ページくらい。観劇前に半分以上までは進んでいましたが、読み終えることはできていませんでした。大阪の商家、蒔岡家の四姉妹の物語で、人物の性格づけは共通しているものの、物語は大幅にカットされているところがあったり、原作に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三銃士」@帝国劇場

 「三銃士」の物語は、子ども向けの本と「ダルタニヤン物語」の完訳を読んだのと、映画を何通りか観たのとで、ある程度知っているつもりです。「三銃士」物語は「ダルタニヤン物語」の序盤で、ダルタニヤンが銃士隊に加わるまでの話。つまり、「三銃士」というタイトルは主人公のダルタニヤンを含まないわけです。また三銃士と言っているのに、ほとんど銃を使うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風と共に去りぬ」@帝国劇場

 小説が原作というのは重々承知していますが、あいにくと読んだことはありません。好奇心はありますが、文庫版で5冊というのはハードルが高い。おそらく読み始めれば面白い本なのでしょう。まあ「レ・ミゼラブル」も読んだのだし、何かきっかけがあれば読むことがあるかもしれません。  それでもどんな話なのか、具体的なイメージがあるのは映画版を観てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more