テーマ:ミュージカル

帝劇「レ・ミゼラブル」

吉原光夫 ジャン・バルジャン 川口竜也 ジャベール  二宮愛  ファンテーヌ 屋比久知奈 エポニーヌ 熊谷彩春 コゼット 三浦宏規 マリウス 駒田一 テナルディエ 鈴木ほのか マダム・テナルディエ 相葉裕樹 アンジョルラス  ステージに近い席で、ひとりひとりの表情までよく見えた。 ジャン・バルジャンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レ・ミゼラブル」帝国劇場

平成One Day Moreの日に、平成最後の観劇。 ジャン・バルジャン:福井晶一 ジャベール:上原理生 ファンテーヌ:濱田めぐみ エポニーヌ:昆夏美 コゼット:生田絵梨花 マリウス:内藤大希 テナルディエ:駒田一 マダム・テナルディエ:朴璐美 アンジョルラス:相葉裕樹  初出演・初役の濱田めぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治座「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」

 少年画報社の週刊誌「少年キング」に「銀河鉄道999」の連載が始まったのは1977年の初めだった。松本零士は、そこそこ活躍している漫画家ではあったけれども、彼の地位を確立させたのは、この作品だったと思う。  テレビアニメーション版は翌年くらいから、その後で映画版も作られた。ゴダイゴの主題歌は映画のためのもので明朗に歌われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「笑う男」(日生劇場)

 映画「女王陛下のお気に入り」と同じアン女王がイギリス王だった時代の物語。  ヴィクトル・ユゴーが「レ・ミゼラブル」の後に書いた小説が原作で、作者自身は自分の最高傑作と語っていたというけれども、日本語訳は百年近く前に出たのが最後。それはkindleにあることはあるものの、大正時代の書籍を画像として取り込んだものなので、とても読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「王様と私」ロンドン・パラディアム公演 映像収録版

 初日の1回目に観に行きました。15分のインターヴァル(休憩というより、気持の切り替えに必要な時間)もちゃんと取ってあったのはよかった。土曜の夜の部と日曜の2回はまだ席が残っていましたが、それよりもうちょっと上映期間を延ばしてもらいたいところです。ただ、映像収録だと観たいところを撮っているとは限らない。それと観客が映画を観に来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラブ・ネバー・ダイ」日生劇場 2月11日昼

 前回とWキャスト総入れ替わりの回を観劇。 ファントム 石丸幹二 クリスティーヌ 平原綾香 ラウル 小野田龍之介 マダム・ジリー 鳳蘭 メグ・ジリー 夢咲ねね  2回目で見えるところが違うのと、キャストが替わったことで感じる違いとがある。前回は考えなかったことを考えるというのもある。  オペラ座では殺人鬼だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラブ・ネバー・ダイ」日生劇場 2月7日昼

2月7日昼 ファントム:市村正親 クリスティーヌ:濱田めぐみ ラウル:田代万里生 マダム・ジリー:香寿たつき メグ・ジリー:咲妃みゆ  日本初演を観たのが何年前だったかな。オーストラリア版のBlu-rayも観ています。  もとはロンドンで初演(ラミン・カリムルーとシエラ・ボーゲス主演、ジャック・オブライエン演出)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアタークリエ「レベッカ」

 シアタークリエでの観劇。前回観た時は帝国劇場での上演だった。帝劇の大きな舞台だと、イギリスのコーンウォール地方にある大邸宅マンダレー館が豪壮なセットで再現されていたが、シアタークリエだと、もっと小さな枠組みに描かれた絵のようだった。  もとは1938年にイギリスの作家ダフネ・デュ・モーリアが発表した小説があり、1940年にヒッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」(吹替版)

 原語版の後、少し間を空けてから観るつもりだったけれども、観てからでないと届いたCDを聴けないので、日曜日の昼に観に行きました。金曜の午後の原語版と違い、子供たちがたくさん来ていました。  平原綾香は、去年の夏にテレビの歌番組で「メリー・ポピンズ」メドレーをやっていた時に、舞台とは違う歌詞なのに全く違和感がなく、ひとり飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」

 音響のいい映画館での鑑賞。会員なので1日でなくても料金は1000円なのだが、早く観たかった。いくつかの予告に続いて本編の序曲が始まると音響が一変した。  序曲ほか演奏だけの曲は前作の曲を、リチャード・シャーマンの監修のもとでアレンジしていて、聞き覚えのあるフレーズが何度も出てくる。  歌のある新曲は「ヘアスプレー」のマーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シェルブールの雨傘」コンサート版 

 ミシェル・ルグランが亡くなったというニュースを見て、コンサート版「シェルブールの雨傘」のBlu-rayを久しぶりに見た。2014年にパリのシャトレー劇場(「パリのアメリカ人」でバレエを上演する劇場)で上演されたもので、ミシェル・ルグラン自身が指揮している。  コンサートとしての上演なので、セットや一部の人物などが絵を描いたパネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみうり大手町ホール「ケリー・エリス ファースト・ソロコンサート」

 ウェストエンドのスターで「We Will Rock You」のミート、「レ・ミゼラブル」のファンテーヌ、「ウィキッド」のエルファバ、「キャッツ」のグリザベラなどを演じてきた。We Will Rock YOuからの縁で、ブライアン・メイとジョイント・コンサートで各国ツアーを行ったり、ブライアン・メイのプロデュースでレコーディングもしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京芸術劇場プレイハウス「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」

 略して「グレート・コメット」。「戦争と平和」は読んだことがあるが、断片的に覚えているところがあるくらいで、ほぼ忘れている。第二巻第五部の物語が中心だが、ピエールとドロホフの決闘など、別のところにあるエピソードも織り込まれている。  ピエールは時にピョートルと呼ばれる。ロシア人としては、その方が一般的だろう。エレンもロシア風ならエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアターオーブ 劇団四季「パリのアメリカ人」

 今更ながら、原題はAmericanに不定冠詞がついているのに気づいた。パリのアメリカ人とは誰なのか。結末近くで、ある人物が"あなたこそパリのアメリカ人"と呼ばれるが、それだけが唯一の答ではないだろう。  日本語題名は映画の「巴里のアメリカ人」ではなく、バレエ曲として演奏される時の「パリのアメリカ人」になっている。映画の舞台化では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画版「イントゥ・ザ・ウッズ」

 始まって10分くらいしたあたりで、就学前の子とその親らしい2人が出ていって、そのまま戻ってきませんでした。シンデレラや赤ずきんが出てくるディズニー映画を観にきたのに、期待していたのとは違っていたのでしょう。中にはそれでも気に入る子もいるかもしれないですが、そう思わなくてもしかたがありません。  公式サイトのトップページに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボンベイ・ドリームス」@東京国際フォーラム ホールC

 このミュージカルはロンドンでもブロードウェイでも観ました。もう十年以上前のことなので、物語の記憶はかなりあやふやですが、「シャカラカ・ベイビー」など強烈な印象の曲がいくつかありました。「ムトゥ 踊るマハラジャ」のA.R.ラーマンの音楽なので、音楽からイメージするのは確かにボリウッド映画なのですが、脚本はアメリカ人のトマス・ミーハンとイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画版「ジャージー・ボーイズ」

 「ジャージー・ボーイズ」はブロードウェイ・ミュージカルの映画化です。2006年のトニー賞でミュージカル作品賞、ミュージカル主演男優賞など4部門を受賞していて、今もロングラン公演が続いています。60年代初めから「シェリー」「恋のハリキリボーイ」「恋のやせガマン」などのヒット曲を生みだしたフォー・シーズンズの興亡を、彼らのヒット曲によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑳フラマン語

この25言語版映像ではタイ語の次に、カナディアン・フレンチがきますが、最初の方に出てくるフレンチと同じアナイス・デルヴァさんなので、ここでは飛ばします。ということで、最後のフラマン語です。フラマン語は主にベルギーで使われる言語です。オランダやフランスでも使われますが、オランダ語版もフランス語版もあるので、ベルギーの映画館で上映された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑲タイ語

25言語版で紹介された人は22人。3人は2言語を歌っていました。英語と日本語は改めて調べなかったので、そろそろ完結です。雪が降りそうもないマレー語の人はアメリカ生まれでした。今回のタイ語ですが、タイも北部の山岳地方には雪が降るので、本人が雪を見たことがなくても、タイ語に雪のイメージを伝える言葉はたぶんあるでしょう。 タイ語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let it Go各国語版⑱ノルウェイ語

日本語と英語を別にすると、ほとんどの人は初めて知る人ですが、たまに例外もあります。ノルウェイのLisa Stokkeさんがそうです。 本人のYoutubeチャンネルなのですが、ピッチが早いような気がします。正しいのなら、少し甲高いエルサです。La Den Gåはgoogle翻訳ではLet it goと出ました。他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑰ブルガリア語

「アナと雪の女王」がヒットしていて、主題歌が素晴らしいという話は、映画が日本で公開される前から伝わってきてはいましたが、映画も歌もこれほどヒットするとは思いませんでした。いまやミリオンセラーになった曲でも、CDを買った人の数しか知っている人はいない、世の中に浸透するヒット曲は生まれないという話を読んだことがありますが、これは明らかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑯デンマーク語

冬になると雪や氷に覆われるところでは、雪や氷そして寒さを表現する言葉が豊かになるということはありそうです。言葉にしなくても、歌う時に頭の中で吹雪の中にいる自分を具体的に想像することができるでしょう。原作とはだいぶ離れていますが、アンデルセンの「雪の女王」の"雪"のイメージをいちばん深く理解するのは、やはりデンマークの人ということにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let it Go各国語版⑮ロシア語

旧ソ連の有名なアニメーション映画「雪の女王」の主人公は、アンデルセンの原作と同じカイとゲルダでした。「アナと雪の女王」にもカイとゲルダという人物は出てくるのですが、本編中では名前を呼ばれないので、エンドクレジットを読まないとわかりません。カイはお城の召使というか執事というか家令、ゲルダは女官長といったところでしょうか。ロシア人は雪や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Let it Go各国語版⑭マレー語

今さらですが、アナイス・デルヴァさんはFrenchとCanadian Frenchで服装が違うので、同じ人のフランス語でも別バージョンがあるということになるのかもしれません。吹き替えを何通り作るのかは作品によって違うがあるらしく、マレー語版は今回で2作目だそうです。前回は「ターザン」。ある言語の吹き替え版が作られるというのは、売れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑬ポルトガル語

25言語版には入っていませんが、ポルトガル語はEU版の他に新大陸版(ブラジル)もあります。これは言葉に違いがあるのか、それぞれの言語圏のスターを起用するためのか、どちらなのでしょう。言葉の違いだとすると、イギリスやオーストラリアで違うものがあってもよさそうです。それぞれの言語圏のスターだとすると、フランス語はどちらもアナイス・デルヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑫広東語

25言語には、2つの中国の言語が収録されています。北京語以外に広東語が選ばれているのは、香港のためでしょうか。歌の題名「冰心鎖」は日本の漢字で書くと「氷心鎖」になると思いますが、意味はわかるようなわからないような…。映画題名Frozenは「冰雪奇緣」となっているのと「魔雪奇縁」となっているのとがあります。 歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑪セルビア語

この25言語版を見て思ったことに、それはどこで使われている言語なのか、その国はどこにあるのか、その言語はどういう理由で選ばれたのか、そういういくつかの疑問がありました。わかった気になっていますが、世界に200くらいある国と地域のうち、英語が公用語になっている、英語版が上映されるところはどのくらいあるのかは見当もつきません。最初の方に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑩韓国語

各国語版のyoutubeで興味深いのは、たいていのコメント欄に翻訳がおかしいという人がいて、その直後に翻訳というのは元の言葉を単純に置き換えるのとは違うと説く人がいることです。文法、語順が違う日本語に限ったことではなく、どの言語でもそれ相応に翻訳は難しいようです。少し前にも書きましたが、文章の翻訳ではなく、歌詞なので、言葉として訳し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Let It Go各国語版⑨イタリア語

エルサの年齢はともかく、エルサとして歌っている人たちの年齢には幅があります。英語のイディーナ・メンゼルの1971年生まれが、ここまで見てきた中では最年長。フランス語のAnais Delvaは1986年生まれで15歳違いますが、役として歌っていると、特に違和感はありません。声優、舞台女優のキャリアを持った人が多く、映画女優よりも演じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more