「名橋『日本橋』架橋100周年記念 OSK日本歌劇団 桜NIPPON・踊るOSK~REVUE the

 三越劇場は日本橋三越本店旧館の6階にあります。6階まで上がるエレベーターはさすがに今は自動化されていますが、かなり近年までエレベーター・ガールが操作する古いものが使われていました。いまも外観は同じようです。落語会や新派の公演などで何度か来たことはあります。小劇場という印象だったのですが、実際には500席以上あってオン・ブロードウェイの条件を満たしているようです。大劇場とは言えないまでも、中劇場で小劇場ではありません。
 OSKの東京での公演は8年ぶりだそうです。観た記憶はあるので、たぶんその8年前の公演を観たのでしょう。会場は日本青年館で、たしか和物の芝居だったように思います。今回は、一部二部ともストーリーのないレビュー・ショーでした。一部は日本橋100周年にちなんだ"橋づくし"の和物、二部はミュージカル・ナンバーをふんだんに使った洋物レビューです。
 ひとつ厳しいのは、三越劇場は由緒ある劇場なのですが、内装に歴史が刻みこまれている分、きれいな新しい装置や衣裳にミスマッチ感がある、あるいは刻まれた歴史の方へ引っ張られてしまう感じがあることです。レビューには豪華感があってほしいのですが、宝塚歌劇とは違った方向で何とか豪華感を生み出すアイディアはないものでしょうか。
 和物は扇の扱いなどきれいな型を見せてくれます。洋物では速いラインダンスが見ものでした。ただ前述したような目を奪う豪華感に物足りなさがあるために、トップスター級の人など一部の例外はありますが、実力以上に魅せるということが難しかったように思います。
 一部の例外のひとりが、娘役の相奈めいさんという人で、裏声にいかずに高い声で歌うので、澄んだ美しい声で歌詞が明瞭に響いてきました。ソロが少なかったのと、この公演で退団というのが残念です。
 今回はレビュー・ショーでしたが、ストーリーのあるミュージカルだと、どんなものになるでしょうか。東京での公演があるのなら、観てみたいものです。





figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver.
Max Factory

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver. の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"「名橋『日本橋』架橋100周年記念 OSK日本歌劇団 桜NIPPON・踊るOSK~REVUE the" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント