「市川段治郎 名作語り その三『人情馬鹿物語』」@サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

 市川段治郎の「名作語り」は去年も観ました。その二ということです。会場は渋谷のセルリアンタワー能楽堂でした。新内の三味線と読みの相手に声優の三木眞一郎を迎えて、太宰治の「お伽草紙」を取り上げていました。その一も同じ会場で行われたようですが、そちらは知りません。
 今回は会場をサントリーホールの小ホール、ブルーローズに移し、音楽はバンドネオンの三浦一馬、共演は市川春猿、演出家も替わったようです。作品は川口松太郎の「人情馬鹿物語」からの二編『深川の鈴』『春色浅草ぐらし』でした。
 ブルーローズという名前は、2007年に小ホールができた時につけられた名前だそうで、サントリーがバイオ技術により青いバラを作るのに成功したことを記念して、ここに出演するパフォーマーたちの不可能と思われていたことにも挑戦する意欲を応援しようという趣旨のようです。

 川口松太郎という名前は知っています。名前は知っていますが、作品を読んだことはほとんどありません。「鶴八鶴次郎」などの芝居や「愛染かつら」などの映画は観たことがありますが、作家としては第一回の直木賞受賞者ということを知っているくらいです。おそらく現在一般の書店で、作品を見つけるのは困難でしょう。「新吾十番勝負」など時代小説は別ですが、多くの作品が自身の経験をもとにしていたり、作者の生きた時代―大正の終わりから昭和の初め―の人情や風俗を描いているので、いかに名作といえども現代の読者が本に手を伸ばす動機が限られてしまいます。
 ここで取り上げられた「人情馬鹿物語」では、川口松太郎が小説家になる前に、講釈師・悟道軒円玉の書生のような内弟子のような暮らしをしていた時分に、自分自身を含めた円玉の家に出入りする人々を描かれています。関東大震災前の深川・森下が舞台で、まだ風景にも風情にも江戸の名残がある時代ということのようです。
 『深川の鈴』は川口松太郎自身が、円玉に紹介された寿司屋の未亡人の家に転がりこむ話、『春色浅草ぐらし」は円玉の養子で堅物だと思われていた四郎が安来節の女芸人と秘かに所帯を持とうとする話です。語り手は川口松太郎ですが、物語の主人公はどちらも女性たちだと思われます。川口松太郎の立ち位置で読む段治郎が静かにストーリーを語り、女性たちを演じる女形の春猿が情緒的に演じます。どちらの女性も、ここぞという時に身を引いてしまうのですが、それが立場の弱さとか遠慮とかではなく、強さを秘めた矜持によるものというところが、単に昔の話ではないのかもしれません。時折入るバンドネオンの音色が、遠い時代を表すのと同時に、現代との接点を作っているようでもありました。 

 何のイベントなのか、出たところのパティオのようなスペースで「お好み焼き」の屋台が何組か出ていました。次の開演時間を考えて、ひとつ食べてから移動することにしました。江戸の名残はどこかへ消えてしまいましたが、これはこれでうまかった。

人情馬鹿物語
論創社
川口 松太郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人情馬鹿物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



続 人情馬鹿物語
論創社
川口 松太郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 続 人情馬鹿物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



タンゴ・スイート
ビクターエンタテインメント
2009-03-18
三浦一馬
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タンゴ・スイート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブエノスアイレスの四季
ビクターエンタテインメント
2011-11-16
三浦一馬
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブエノスアイレスの四季 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






人情話松太郎 (文春文庫)
文藝春秋
高峰 秀子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人情話松太郎 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【VHS】スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ●監督:弓削太郎//植木等/ハナ肇/川口浩 【中古】(ビデオ)【10P26Aug11】
リサイクルメディア館
■商品状態中古ビデオ[レンタル落ち] ※ケース交換をして配送しています■商品情報JAN:498811

楽天市場 by 【VHS】スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ●監督:弓削太郎//植木等/ハナ肇/川口浩 【中古】(ビデオ)【10P26Aug11】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"「市川段治郎 名作語り その三『人情馬鹿物語』」@サントリーホール ブルーローズ(小ホール)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント