「レ・ミゼラブル」帝国劇場

平成One Day Moreの日に、平成最後の観劇。 ジャン・バルジャン:福井晶一 ジャベール:上原理生 ファンテーヌ:濱田めぐみ エポニーヌ:昆夏美 コゼット:生田絵梨花 マリウス:内藤大希 テナルディエ:駒田一 マダム・テナルディエ:朴璐美 アンジョルラス:相葉裕樹  初出演・初役の濱田めぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治座「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」

 少年画報社の週刊誌「少年キング」に「銀河鉄道999」の連載が始まったのは1977年の初めだった。松本零士は、そこそこ活躍している漫画家ではあったけれども、彼の地位を確立させたのは、この作品だったと思う。  テレビアニメーション版は翌年くらいから、その後で映画版も作られた。ゴダイゴの主題歌は映画のためのもので明朗に歌われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「笑う男」(日生劇場)

 映画「女王陛下のお気に入り」と同じアン女王がイギリス王だった時代の物語。  ヴィクトル・ユゴーが「レ・ミゼラブル」の後に書いた小説が原作で、作者自身は自分の最高傑作と語っていたというけれども、日本語訳は百年近く前に出たのが最後。それはkindleにあることはあるものの、大正時代の書籍を画像として取り込んだものなので、とても読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナル・シアター・ライヴ「リア王」(イアン・マケラン)

 いつも行く映画館だと夜8時からの上映で終わるのが12時近く。それで昼間の上映がある渋谷ところへ行きました。それでも2時半頃からで終わった時には6時を過ぎていました。  ナショナル・シアター・ライヴの「リア王」は前にサイモン・ラッセル・ビール主演のを観たことがありますが、今回はイアン・マケランのリア王。いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽劇「ライムライト」シアタークリエ

 映画はだいぶ前に一度観たことがあるけれども、覚えているのは大筋だけで、細かいところは記憶にない。舞台版は映画そのままではなく、加えられた要素、削ぎ落された要素があるだろうと思う。チャップリンがシナリオには書いたが、最終的に編集でカットした要素もあるのかもしれない。  最初に設定された時代が1914年と示される。チャップリンがアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダンボ」(実写版)

 入ったのが字幕版だったせいか、子供の観客は目立たなかった。吹替版だと様子が違っていただろう。昔のアニメーション映画版は観たことはあるけれども、あまり覚えていない。それはともかく、なぜかつてのアニメーション映画の実写でのリメイクを続けているのか。「シンデレラ」「美女と野獣」があり、「アラジン」「ライオンキング」が続く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more