観劇記と読書記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「グリーンブック」

<<   作成日時 : 2019/03/19 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 人種の違う雇い主と運転手という設定から「ドライビング・ミス・デイジー」を考えていたが、雇い主も運転手のキャラクターが違い、また人種の違いとは別の差異が2人にも周りの人々にもあった。冒頭に実話に着想を得たとあった。(based on ではなくinspired fromとあったので、事実に基づくではない)

 実在したドクター・ドン・シャーリーのライヴ映像。


 アフリカ系アメリカ人のドンはケンタッキーフライドチキンを知らず、食べ方もわからない。リトル・リチャードもアレサ・フランクリンも知らない。
 富裕層で高額の出演料を取れるピアニストである彼は同じ人種からも仲間外れ。黒人であることから差別的な扱いを受ける。黒人の輪にも入れない。

 運転手のトニーはイタリア系。社会的な地位は白人の中では高くない。自分を蔑む者がいることに気づいている。
 たいていのことは腕っぷしの強さか世渡りの上手さで乗り切ってきた。仲間や家族には恵まれている。旅の途中でのドンを見て、腕っぷしはその場はすっきりするかもしれないが、"世渡りの上手さ"は誤魔化しでしかないとも思うようになる。

 試着室、トイレ、レストランでの締め出しなど白人から黒人への差別はわかりやすい。黒人専用の安宿で、高級なスーツを着たドンが、輪に入れないのは彼自身の問題とも言えるが、"気取りやがって"という反応はそうではない。

 苛立ちは見せないが、トニーは自分のフルネームを正しく呼んでもらえないのを快く思っていない。フランシスコ・カステルッツィオがフランキー・ヴァリになったように、イタリア系以外でも間違った読み方をしない呼び方を指定している。イタリア系の中でも、金持ち連中からは腕っぷしで評価されている、腕っぷしでしか評価されていないことを知っている。

 1台のクルマに2人だけが乗った旅が続く。その間に2人は自分でも気づいていなかった才能や感情を発見していく。ひとつひとつはごくごく小さなことだ。
 トニーは妻が手紙を書く。出発前は"手紙なんか書いてられない"と言っていたので、ハガキに2行くらい書くのかと思っていたら、便箋いっぱいに書いていた。ドンの添削で文学的に高度なものになったが、トニー自身が書いていた手紙も悪くはない。それに妻は気づいている。(家族全員が手紙の文章を知っているのも可笑しいというか微笑ましいというか)
 ラジオから聞こえてくる、リトル・リチャード、チャビー・チェッカー、アレサ・フランクリンの音楽から、ドンは何か掴んでいたのか。何かを掴んでいたとしても、通常のコンサートではそれを発揮する機会はない。
 自分はクラシックのピアニストと言っていたドンが別の音楽的才能を発揮する場面。どこかで気づいたのか、トニーによって引き出されたと考えるのが妥当なのか。

 イタリア系家族が集まった家で、フランク・シナトラとフォー・シーズンズの歌声が聞こえてくる。彼らはイタリア人以外には排他的だったり差別的だったりすることもあるが、クリスマスの集まりには結局、ユダヤ人(質屋)も黒人(ドン)も客人として迎え入れる。

 トニーも、自分が差別される側にいる時は差別に敏感になる。道中での経験からドンが差別されることにも敏感になる。2回目のパトカーの接近への反応は、過敏になる可能性の比喩だろうか。



The Very Best of Don Shirley (The Jazz Piano Legend)
Unforgettable Record
2013-05-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Solos/With 2 Basses
Collectables
1999-11-30
Don Shirley

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



GREEN BOOK
MILAN
2019-02-19
OST

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



Here's Little Richard + Little Richard, Vol. 2 + 8(import)
Hoo Doo
2014-05-30
Little Richard

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「グリーンブック」 観劇記と読書記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる