「李香蘭」@四季劇場秋

 昭和の歴史三部作、連続上演の最後です。初演はこれがいちばん最初だったでしょうか。他の2作と違うのは、主人公が実在の人物の実名であることと、生きて結末を迎えることです。前日に観た「ジャンヌ」とも共通するところがあります。実在の女性が主人公であることと、不条理な裁判にかけられることです。三部作の「南十字星」「異国の丘」では被害者としての日本人が描かれていると思いましたが、「李香蘭」では加害者としての色を濃く描き出しているようです。

 奉天生まれの日本人・山口淑子は、父親の親友の中国人から、李香蘭という中国名を付けられます。親交、友好のしるしだったはずが、戦争のために別の意味を持ってしまいます。1920年生まれで、日本と中国との戦争が始まった時は十代の少女だった彼女は操り人形で、自分では人形遣いの姿を見ることができません。
 彼女との対比のようでもあり、狂言回しのようでもありますが、もうひとりの「よしこ」、川島芳子が登場します。清の皇帝の一族にあたる中国人でありながら、日本名を名乗っている彼女は、中国の側に立って、歴史を語っているように見えます。語り手なので、何が起こっているかは見えているはずですが、自分の運命をどうすることもできません。「エビータ」のチェのように歴史をうたいながら、「ジーザス・クライスト・スーパースター」のユダのように、運命の渦に呑みこまれていきます。

 李香蘭は多くのヒット曲を持つ大スター歌手だったので、要所要所に彼女のヒット曲が出てきます。「夜来香」「蘇州夜曲」はやはり名曲です。ここでは1コーラスしか歌われませんでしたが、前にテレビで新妻聖子が歌っていた「夜霧の馬車」も印象に残る曲でした。初演当時はまだ「思い出のメロディー」でしたが、今は「歴史に残る名曲」になったような印象です。昭和の戦争も記憶から記録への移行が進んでいます。歌やミュージカルには、歴史の記録を、現実感のある記憶に変える力があるでしょうか。

李香蘭 私の半生
新潮社
山口 淑子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 李香蘭 私の半生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「李香蘭」を生きて (私の履歴書)
日本経済新聞社
山口 淑子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「李香蘭」を生きて (私の履歴書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



李香蘭(山口淑子)全曲集
コロムビアミュージックエンタテインメント
2006-03-22
李香蘭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 李香蘭(山口淑子)全曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゴールデン☆ベスト 山口淑子(李香蘭) 夜来香~何日君再来
ビクターエンタテインメント
2011-01-19
山口淑子(李香蘭)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデン☆ベスト 山口淑子(李香蘭) 夜来香~何日君再来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



劇団四季 ミュージカル 李香蘭 [DVD]
NHKエンタープライズ
2009-01-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 劇団四季 ミュージカル 李香蘭 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



李香蘭 [DVD]
角川エンタテインメント
2007-04-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 李香蘭 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック